チームに参加してみよう

フライングディスクは円盤状のプラスチックで1940年代にアメリカで生まれた、投げて遊ぶおもちゃです。
投げた物を犬にキャッチさせたり、友人同士でキャッチボールのように投げて遊んだりと、一度は見たこと、使ったことのある人がほとんどではないでしょうか。
また、フライングディスクはただのおもちゃではなく、スポーツとしても親しまれています。アルティメットや、マキシマム・タイム・アロフト、ディスクゴルフなど10種類ほどの競技があり、なかでもアルティメットはその名の通り究極のフライングディスク競技とされています。
アルティメットは7対7で行う対戦型の競技で、選手自身の体力や技術はもちろん、高度なチームワークも必要です。また、アルティメットには審判がいないため、選手一人一人により高いフェアプレー精神が求められます。
フライングディスクで遊ぶだけでなく、もっといろいろなことがしたいという方は、チームに参加するなどしてスポーツとして楽しんでみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です